これタブー!審級者になると敬遠されるからこんな方法がおすすめ

若者たちは何かの部分で、年長者を恐れています。だからどこか萎縮した態度と言葉遣いになっているのです。そのような恐れを感じながら接近してくるのであれば、当然ながら、しっかりとした表現をするのが彼らにとって難しいのは理解できるでしょう。

彼らは対人対応の能力が足りないのを知っています。それを改めてしてきされる辛さを理解しなくてはいけません。自分たちがよく知っているという自己理解には問題があると彼らは知っているのです。

だからこそ、彼らの最初の接近を取り上げて、間違っている点を指摘することは、審級者とか審判者という立場を取ることを意味します。しかし、彼らが求めているのは、援助者のはずです。

自分の目の前の人が援助者ではなく、審級者や審判者といった批判的立場の人だと理解すると、彼らはそれ以上に接近する勇気を持てなくなってしまうようで、大抵は離れていってしまいます。

残念ながら、彼らに教えを請う思いはあるが、その方法を知りません。一旦、信頼関係ができあがると、彼ら若者は驚くほど素直にアドバイスに耳を傾け、真剣に取り組むようになります。周囲に教えを請い、助けを求める強い思いはあるのです。

しかし、自分の状態を把握して、適切な相手を見つけ出して援助を得る方法について、学校は沈黙していますし、家庭でも特にそのような教育をしないでしょう。結果として、彼らは必要な援助をどのように獲得すれば良いのか検討もつかない状態に置かれています。

彼らが関わってきた時に、何よりも応答の継続を優先する態度がなにより重要です。そのため彼らが共感を求めていることに着目する応答は極めて有効です。

気持ちはわかるけれどと、一旦彼らのメッセージを受け止めてから足りない情報を引き出しましょう。そして彼らのメッセージを理解できる形にして、提示できれば満点です。

そして次の応答を約束してから、間違いを指摘するのがセオリーです。応答の繰り返しによってコンテキストが形成され、お互いに信頼できる関係が作られるはずです。

若者は基本的に、関係の継続に対する能力が未熟です。関係の継続に関しては年長者が確保してあげる方がスムーズに信頼関係を形成できるようです。

「じゃあ、次はいつ会おうか」という程度の言葉で相手が反応できるはずで、こちらからの提案に不都合があれば、相手側に提案のバトンを譲る要領です。

一緒に答えを模索する立場にしっかりと立つのが基本です。友人関係が信頼関係形成の目標になるでしょう。ここで友人関係とは共闘関係だと理解してもらえるとよいでしょう。

お互い批判によって切磋琢磨するのではなく、共に共通の敵に立ち向かう関係です。彼らの友人理解のモデルは、ゲーム中のパーティですから、それを採用する方が理解がスムーズになるのです。

いわゆるロールプレイングゲームが現代のゲームの主流になっています。このゲームではパーティという仲間が共同して目標を達成する設定になっています。

パーティにはそれぞれ役割を担ったキャラクターが用意されており、原初的にはファイターや勇者といった主役と魔術師や僧侶などの支援者とから成立しています。

ですから、どのようなゲームであるとありがたい支援キャラクターとして賢者という役柄を活用しましょう。賢者は敵の弱点や、道程に潜むワナについて、またパーティを成功させるコツなどを知っているのです。

つまり自分の味方になってくれる中高年は、彼ら若者にとっては紛れもなく、賢者キャラクターなのです。ですから自ら賢者キャラクターを演じてあげることで、若者たちからの信頼を得る枠組みを比較的簡単に獲得できるでしょう。